『ハイバイ、ママ!』のサントラ・挿入歌の紹介(Time, Like a Shining Star、Touch など)【韓ドラOST】

2020年にtvNで制作されたドラマ『ハイバイ、ママ!』の挿入歌(OST)を徹底紹介。キム・テヒ主演の本作は、死んでから5年間夫と娘の近くで見守っていた幽霊ママが、自分を認識できるようになってしまった娘を守るために、49日の審判を受けハイバイ、ママ!、人間界にヒューマンファンタジーストーリー。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『ハイバイ、ママ!』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Jimin Park – Time, Like a Shining Star
02. Kim Young Geun – Touch
03. HEN – To You
04. Sohyang – Hopefully Sky
05. PARC JAE JUNG – In The Night

Jimin Park – Time, Like a Shining Star

2020年に活動名がJamie(ジェイミー)に変わったJimin Park(パク・ジミン)による「Time, Like a Shining Star」。”星みたいに輝いている時間。あなたと出会った毎日は私にとってのプレゼント”と歌う、愛に満ちた曲。

Kim Young Geun – Touch

Kim Young Geun(キム・ヨングン)による「Touch」。”つまらなかった僕の世界が、君のほほえみ一つで光に包まれる・・・”と歌うラブソング。

HEN – To You

ソロシンガーのHENによる「To You」。”弱弱しくて、表現下手で、心を開くのが少し遅い、そんなあなたを理解して愛してくれるような人ならいいな”と歌う慈愛に満ちた曲。

Sohyang – Hopefully Sky

”韓国のマライア・キャリー”の異名を持つSohyang(ソヒャン)による「Hopefully Sky」(空に願う)。Sohyangは『私がいちばん綺麗だった時』『18アゲイン』『ゴー・バック夫婦』『オー!サムグァンビラ』など多数のOSTに参加しています。

PARC JAE JUNG – In The Night

PARC JAE JUNG(パク・ジェジョン) による「In The Night」。パク・ジェジョンは『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』『The Wind Blows』『医心伝心~脈あり!恋あり?~』などのOSTでも知られています。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『ハイバイ、ママ!』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする