『花が咲けば、月を想い』のサントラ・挿入歌の紹介(Love Me Again、Even Though など)【韓ドラOST】

2021年にJTBCで放送された『花が咲けば、月を想い』の挿入歌(OST)を徹底紹介。

ユ・スンホとヘリ(Girl’s Day)の共演で大ヒットした本作は、密造酒をめぐって繰り広げられるスリリングなラブコメ時代劇。ドラマチックな音楽も注目されました。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『花が咲けば、月を想い』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Monday Kiz – Even Though
02. Sojeong – Love Me Again
03. HA SUNG WOON – Who You Are

Monday Kiz – Even Though

『ホテルデルーナ』『第3の魅力』などのOSTに参加している人気男性デュオ Monday Kiz(マンデーキッズ)が歌う「Even Though」。”クェンチャンタガド(大丈夫ながらも)”という言葉から、悲恋の記憶にギリギリのところで耐えている主人公の心情が伝わってきます。

Sojeong – Love Me Again

ソジョンによる「Love Me Again」。”コジンマリラ マレ(嘘だと言って)”という歌詞は愛する人から背を向けられたヒロインの哀しみを表しています。

HA SUNG WOON – Who You Are

HOTSHOTのハ・ソンウンが歌う「Who You Are」。”僕の心はきみに染まっている”という熱烈ラブソング。ハ・ソンウンは『コッパダン』『ザ・キング:永遠の君主』『女神降臨』などのOSTにも参加しています。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『花が咲けば、月を想い』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする