『トレーサー』のサントラ・挿入歌の紹介(Buzzer Beater、Rest、Dawn など)【韓ドラOST】

2022年に制作されたドラマ『トレーサー』の挿入歌(OST)を徹底紹介。イム・シワン、コ・アソンらが出演した本作は、国税庁のゴミ置き場と呼ばれるチームで独特な才能を発揮して活躍する猛者たちを描いた異色の社会派ドラマ。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『トレーサー』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. A.C.E – Buzzer Beater
02. SALTNPAPER – Rest
03. Jang Heewon – Dawn
04. LOONA / HeeJin, JinSoul – Masquerade
05. Yim Si-wan – Fire
06. SURAN – One & Only

A.C.E – Buzzer Beater

5人組男性グループ A.C.E による「Buzzer Beater」。A.C.Eは『ザ・ゲーム:0時に向かって』『カイロス~運命を変える1分~』『ひかり男子校生徒会』などのOSTにも参加しています。

SALTNPAPER – Rest

韓国系アメリカ人のシンガーソングライター、SALTNPAPERの「Rest」。SALTNPAPERは『シカゴタイプライター』『嫉妬の化身』『ボーイフレンド』のOSTにも参加しています。

Jang Heewon – Dawn

Jang Heewonによる「Dawn」。”冷たい夜明けを歩いていても、愛ひとつあれば悲しみは薄れていく・・・”と歌っています。

LOONA / HeeJin, JinSoul – Masquerade

12人組女性アイドルグループ LOONA(今月の少女)のメンバー、HeeJin(ヒジン), JinSoul(ジンソル)による「Masquerade」。

Yim Si-wan – Fire

主人公のドンジュを演じるYim Si-wan(イム・シワン)による「Fire」。

SURAN – One & Only

シンガーソングライターのSURAN(スラン)による「One & Only」。SURANは『その男の記憶法』『ハイクラス』『アビス』『浮気したら死ぬ』などのOSTにも参加しています。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『トレーサー』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする