ソンガンがバレエダンサー役『ナビレラ』をNetflix以外で無料視聴できる動画配信サービスは?【韓国ドラマ/韓流】

2021年3月~4月、韓国tvNで放送された、ソンガンがバレエダンサー役の韓ドラ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』。

WEB漫画をドラマ化した作品です。

今回は、韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』を、Netflix以外のU-NEXT・アマプラなど動画配信サービスで全話無料で見れるかどうか、あらすじ、評価、キャストなどについてまとめました。

スポンサーリンク

パクイナン/ソンガン出演『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓流)を無料で見ることができる動画配信サイト比較:ネトフリ以外のU-NEXT・アマプラなど

残念ながら、韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』は、ネトフリ以外の動画配信サービスでは見ることができません。

配信サービス 配信状況 無料期間/月額/P等

TSUTAYA TV
×配信なし 30日間無料
月額:2,659円(動画見放題+定額レンタル8プラン)
ポイント:1100P付与

ユーネクスト

×配信なし

31日間無料(無料期間ポイント付与:600P)
月額:2,189円
ポイント:1200P付与

hulu
×配信なし 14日間無料
月額:1,026円
ポイント:なし

FOD

×配信なし

14日間無料
月額:976円
ポイント:最大1300P(100P付与+400×3回獲得)

dTV

×配信なし

31日間無料
月額:550円
ポイント:なし

Amazonプライムビデオ

×配信なし

30日間無料
月額:500円(または年会費4,900円)
ポイント:なし

Netflix

◎見放題

無料期間なし
月額:990円
ポイント:なし

※月額料金は全て税込金額。
※2021年7月時点。詳細は各公式サイトへ。

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓ドラ)のあらすじ

韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』のあらすじは・・・

70歳のドクチュルは、郵便配達員として家族のために懸命に働いてきたが、定年してからは、かつての同僚は新しい職を見つけるも自分はやることを見つけられない。

年々、訃報に触れる機会も増え、親しい友人も亡くなり、ドクチュルも残りの人生を考えるようになっていた。

ある日、ドクチュルはバレエスタジオの前を通りかかり、一人のバレエダンサーの青年・チェロクが踊る姿に心が奪われる。

ドクチュルは、幼い頃に諦めた夢に挑戦しようとチェロクが踊っていたバレエスタジオにやってくる。

最初は、プロを目指すチェロクや講師のスンジュから相手にされないが、その情熱に打たれたスンジュが、チェロクにドクチュルのバレエの指導者になるように提案する。

幼いころから憧れていたバレエに挑戦する70歳のシム・ドクチュルと、さまざまな要因からくすぶっている23歳のバレエダンサー、イ・チェロクが出会い、不思議な絆で結ばれていくさまを描くドラマです。

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓国ドラマ)の見どころ

70歳のシム・ドクチュルの温かさに感動

70歳のシム・ドクチュル=ハラボジがとにかく温かい。

ハラボジがホボムに言う言葉。↓

ドラマでは、ハラボジの名言がいくつも出てきて、元気をもらえます。

70歳シム・ドクチュル&23歳イ・チェロクの関係性がすてき

主役2人のブロマンスがサイコーです。

ソイングクがカメオ出演

第9話にソ・イングクが先輩バレエダンサーの役で特別出演しています!

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓流)の口コミ・評価

なんで観てなかったんだろう
7話で泣いて8話で号泣
涙なしでは観れない作品
最終回は嗚咽だった
ハラボジのコマウォの言い方が可愛い

70歳のハラボジ(ドクチュル)がずっと憧れていたバレエに挑戦する…

いくらドラマでもそれは絶対ないない!ってなっちゃうストーリーだけど、不思議とリアリティがあって最後はドクチュル頑張れ!!って応援しちゃうのは、ただの夢物語じゃなくて、生きるとは?老いるとは?をすごく考えさせる内容だったから。

歳を重ねたからこそ出るハラボジの言葉がどれも優しくて胸を打ちます。

そしてソンガンはひたすらに顔も身体も美しすぎる
バレエシーンも圧巻✨

70を過ぎたおじいさんがバレエを始める。それ以上の意外な事は何も起きないけど、周りの人達を少しずつ温めていく、そんな話。

すっかりソンガンの魅力にやられまして、
ずっと観ようと思ってたナビレラを一気に観ました!!ハラボジとハルモニの演技に感動しっぱなしでした。周りの俳優さんも名演技でこれは
名作です!
ハラボジのチェロクって呼ぶところが毎回大好きでした!素敵なドラマでした!

ハラハラもドキドキもトキメキもないし物語のテンポ遅い。けど見てよかったと思えた感動
おじいちゃん可愛すぎて配役した人に200点あげたい。恋愛とか以上に2人の絆を感じた

生きること、老いることを考えさせられる、感動のヒューマンドラマです。

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓国ドラマ)の主演・出演キャスト&スタッフ情報

  役名 俳優名
出演 シム・ドクチュル(70歳・元郵便配達員) パク・イナン
イ・チェロク(バレエダンサー) ソン・ガン
チェ・へナム(ドクチュルの妻) ナ・ムニ
シム・ウノ(ドクチュルの孫) ホン・スンヒ
スンジュ(元バレエダンサー・チェロクの師匠) キム・テフン
ソリ(スンジュの元妻・バレエの教授) ユン・ジヘ
シム・ソンサン(ドクチュルの長男) チョン・ヘギュン
エラン(ソンサンの妻) シン・ウンジョン
シム・ソンスク(ドクチュルの長女) キム・スジン
ヨンイル(ソンスクの夫) チョン・ヒテ
シム・ソングァン(ドクチュルの次男) ジョ・ボクレ
イ・ムヨン(チェロクの父親) チョ・ソンハ
セジョン(チェロクの友人) キム・ヒョンモク
ホボム(チェロクの元同級生) キム・グォン
キム・サンス(ソリの生徒) ウンギ
クォン・ボム(ソリの生徒) イム・サラン
ユ・アンナ(ピアノ伴奏者) イ・ソヨン
オ・ジュンシク(整形外科医) イ・ファリョン
ファン・ヒ(チェロクの舞踏院の先輩) ソ・イングク
バレエ入門希望者 コ・ギュピル
演出 ハン・ドンファ【他作品】:「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「ファイティンガール!~Miss Lee~
脚本 イ・ウンミ【他作品】:「愛の迷宮‐トンネル‐

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓国ドラマ)の相関図

韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』の相関図です。


(出典元:韓国tvN

『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』(韓流)のOST(挿入歌)

韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』の代表的なOST(挿入歌)です。

나빌레라 OST Part 1 태민 (TAEMIN) – My Day MV

まとめ

以上、韓国ドラマ『ナビレラ-それでも蝶は舞う-』をネトフリ以外のU-NEXT・アマプラなど動画配信サービスで無料で視聴できるかなどについての紹介でした。

なお、配信情報は記事作成時点のものです。

配信が終了している場合もありますので、加入前に現在の配信状況について再確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする