『アスダル年代記』のサントラ・挿入歌の紹介(The Poem of Destiny、Bloody Dreams など)【韓ドラOST】

2019年にtvNで制作された『アスダル年代記』の挿入歌(OST)を徹底紹介。チャン・ドンゴン、ソン・ジュンギ、キム・ジウォン、キム・オクビンらが共演した本作は、謎の多い古代大陸を舞台に、中心都市アスダルで繰り広げられる権力闘争や部族間の因縁の争いを描いたスペクタクル超大作です。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『アスダル年代記』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Ailee – The Poem of Destiny
02. Hareem – Bloody Dreams
03. Kim Jun Seok – Arthdal Chronicles

Ailee – The Poem of Destiny

韓国系アメリカ人歌手のAilee(エイリー)による「The Poem of Destiny」。AileeはAILEEは『トッケビ ~君がくれた愛しい日々~』『タンタラ~キミを感じてる』『ホンチョンギ』『スタートアップ:夢の扉』『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』など多数のOSTに参加しています。

Hareem – Bloody Dreams

Hareem(ハリム)による「Bloody Dreams」。Hareemは『まぶしくてー私たちの輝く時間ー』のOSTにも参加しています。

Kim Jun Seok – Arthdal Chronicles

『悪の花』や『ペントハウス』の音楽を担当している作曲家のKim Jun Seokによるメインテーマ「Arthdal Chronicles」。

『アスダル年代記』予告編

『アスダル年代記』のティーザー予告動画です。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『アスダル年代記』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする