『帝王の娘スベクヒャン』のサントラ・挿入歌の紹介(정읍사(ジョンウプサ)など)【韓ドラOST】

2016年にSBSで制作された『帝王の娘スベクヒャン』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ソ・ヒョンジン、ソウ、チョ・ヒョンジェ、チョン・テスらが共演した本作は、のちに王となった男と関りを持った女性が生んだ娘とその異父妹が王宮を舞台に繰り広げる運命の愛憎劇を描いたロマンス時代劇です。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『帝王の娘スベクヒャン』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Seo Hyun jin , Jo Hyun Jae ‐ 정읍사(ジョンウプサ)
02. Seo Hyun Jin feat Kim Nani – 정읍사(ジョンウプサ)

Seo Hyun jin , Jo Hyun Jae ‐ 정읍사(ジョンウプサ)

『帝王の娘スベクヒャン』のテーマソングは現在に伝わる最も古い百済時代の歌謡、井邑詞(せいゆうし:정읍사=ジョンウプサ)をベースに現代の作曲家が歌にしたもの。정읍사=ジョンウプサはもともと行商人の妻が旅先の夫の身を案じ、”日が暮れてあなたが行っているその道が暗くなるのが心配。月よ高く昇って遠くまで照らしておくれ・・・”と歌っている曲です。

Seo Hyun Jin feat Kim Nani – 정읍사(ジョンウプサ)

Seo Hyun Jin と Kim Naniによる「정읍사(ジョンウプサ)」。

ドラマの中で정읍사(ジョンウプサ)はスベクヒャンの母・チェファや、ソルラン、ソルヒが歌ったり、ソルランが曲に合わせて踊ったりと、様々なシーンで使われています。

『帝王の娘スベクヒャン』予告編

『帝王の娘スベクヒャン』の予告動画です。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『帝王の娘スベクヒャン』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする