『チアアップ』のサントラ・挿入歌の紹介(Shine、Confession、Ringing など)【韓ドラOST】

2022年にSBSで制作された『チアアップ』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ハン・ジヒョン、ペ・インヒョク、キム・ヒョンジン、チャン・ギュリらが共演した本作は、輝かしい歴史は過去のものとなり、今や滅びつつある大学応援団に集まった若者たちのホットでスリリングなキャンパスミステリー&ラブコメです。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『チアアップ』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. PEPPERTONES – Shine
02. Sam Kim – Confession
03. MiJoo – Ringing
04. Stella Jang – Enjoy This Moment

PEPPERTONES – Shine

PEPPERTONESによる「Shine」。”全てを捧げて本気でぶつからないと広い世界を知ることはできない・・・”と歌う曲。Peppertonesは『ソウルメイト~恋人たちのダイアリー~』『恋愛操作団:シラノ』『初対面だけど愛してます』のOSTにも参加しています。

Sam Kim – Confession

韓国系アメリカ人歌手のSam Kimによる「Confession」。”今夜告白したらもう昨日の二人には戻れないけれど、今勇気を出して言わなければ・・・”と歌う曲。Sam Kimは『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』『サイコだけど大丈夫』『その年、私たちは』『わかっていても』『恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜』など数多くのOSTに参加しています。

MiJoo – Ringing

MiJoo(ミジュ)による「Ringing」。これから始まる新しい一歩への期待感を表現した曲。Mijooは『ドドソソララソ』のOSTにも参加しています。

Stella Jang – Enjoy This Moment

Stella Jangによる「Enjoy This Moment」。”後悔したくないから誰かが笑っても今をがんばる・・・”と歌う曲。Stella Jangは『第3の魅力~終わらない恋の始まり~』『ロボットじゃない』『ボクスが帰ってきた』『初対面だけど愛してます』『ファイティンガール!~Miss Lee~』などのOSTにも参加しています。

『チアアップ』の予告編

『チアアップ』の予告動画です。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『チアアップ』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする