【韓ドラOST】『梨泰院クラス』のサントラ・挿入歌の紹介(Start Over、Someday, the boyなど)

2020年に韓国JTBCで放送された人気ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』の挿入歌(OST)を徹底紹介。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『梨泰院クラス』オリジナルサウンドトラックの曲目

1. You Make Me Back / キム・ウソン (The Rose)
2. Start Over(はじまり) / Gaho
3. Still Fighting It / イ・チャンソル
4. Maybe / Sondia
5. 私たちの夜 / Sondia
6. 直進 / The VANE
7. あの時、あの少年は / Kim Feel

1. You Make Me Back / キム・ウソン (The Rose)

ボーイズバンド「The Rose」のキム・ウソンが歌う「You Make Me Back」。

自分を包んでしまった灰色の世界の中で、誰かに救いを求める気持ちを歌った曲。

2. Start Over(はじまり) / Gaho

韓国のシンガーソングライター、Gaho(ガホ)を日本で一躍有名にした「Start Over」。どんなに辛くても自分の夢を望むままに全て手に入れる、という固い決意を表現した歌。

3. Still Fighting It / イ・チャンソル

ベン・フォールズの名曲「Still Fighting It」のカバー。父親が久しぶりに帰ってきた息子と食事をしながら「お前は俺に似ているんだ。すまない」と言ってる、しみじみとした歌。

4. Maybe / Sondia

Sondiaが歌う「Maybe」。何かが変わっていく予感に「私たちは相変わらずただの友達なだけなのかな」と自問する気持ちを歌った曲。

5. 私たちの夜 / Sondia

同じくSondiaが歌う「私たちの夜」。「私の人生の道を照らしてくれた大切なあなたが、その胸に抱える長い夜を照らす光になりたい」という気持ちを表現しています。

6. 直進 / The VANE

「ぼくは自分自身に約束した自分になるために、息苦しくなっても恐れずに走っていく」という固い決心を歌にしたもの。

7. あの時、あの少年は / Kim Feel

キム・ピルが歌う「Someday, the boy」。遠い昔の自分を振り返り、長い時間の末にいつしか笑うことができるほどに幸せになったみたいだ、としみじみ思う心情を歌った曲。

まとめ

以上、『梨泰院クラス』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする