『リンク:ふたりのシンパシー』のサントラ・挿入歌の紹介(Your River In My Heart、Saying Hello など)【韓ドラOST】

2022年にKBS2で制作されたドラマ『リンク:ふたりのシンパシー』の挿入歌(OST)を徹底紹介。幼い頃に亡くした双子の妹との間に不思議な感情共有(シンパシー)を持っていた男性が成人し、全く知らない女性に妹と同じくシンパシーを感じたことから始まるファンタジーラブストーリー。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『リンク:ふたりのシンパシー』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. O3ohn – Your River In My Heart
02. Minnie of (G)I-DLE – Saying Hello
03. KIM MUSEUM – Swing
04. Seungkwan(Seventeen) – Pit a Pat
05. Janet Suhh – Unknown World
06. Janet Suhh – You I’ve Missed
07. Melomance – Link

O3ohn – Your River In My Heart

O3ohnによる「Your River In My Heart」。O3ohnは『恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜』『智異山』『ブルー バースデー』『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』などのOSTにも参加しています。

Minnie of (G)I-DLE – Saying Hello

(G)I-DLEのメンバー、Minnieによる「Saying Hello」。”君の喜び、君の悲しみが僕の心を揺り動かす・・・”と歌っています。

KIMMUSEUM – Swing

KIM MUSEUMによる「Swing」。忘れることのできない子供の頃の記憶を歌った曲。KIMMUSEUMは『わかっていても』のOSTでも知られています。

Seungkwan(Seventeen) – Pit a Pat

男性アイドルグループ SeventeenのSeungkwan(スングァン)による「Pit a Pat」。”君の心がまるで僕の心のようにぜんぶ流れ込んでくる・・・”と歌う曲。Seungkwanは『青春の記録』『Mother』『都会の男女の恋愛法』のOSTにも参加しています。

Janet Suhh – Unknown World

Janet Suhh(ジャネット・ソ)による「 Unknown World」。Janet Suhhは『その年、私たちは』『サイコだけど大丈夫』『不可殺 -永遠を生きる者-』『青春の記録』『都会の男女の恋愛法』などのOSTにも参加しています。

Janet Suhh – You I’ve Missed

Janet Suhhによる「You I’ve Missed」。”あなたと私が一緒にいられるか、どうか教えて・・・”と歌う哀歌。

Melomance – LINK

Melomanceによる「LINK」。 いつの間にか、かけがえのない絆で結ばれていた心情を綴った曲。MeloManceは『ミスター・サンシャイン』『花遊記<ファユギ>』『社内お見合い』『ユミの細胞たち』『君は私の春』『この恋は初めてだから』など多数のOSTに参加しています。

『リンク:ふたりのシンパシー』の予告編

『リンク:ふたりのシンパシー』の予告動画です。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『リンク:ふたりのシンパシー』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする