『ストレンジャー・シングス』シーズン1のOSTまとめ

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Stranger Things)は2016年にNetflixで配信がスタートしたアメリカのドラマシリーズ。SF・サスペンス要素に子どもたちの青春ストーリーを絶妙にミックスした本作品は物語の舞台である1980年代のポップカルチャーも満載されおり、コアなファンを増やし続けています。

そんな人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1のOSTをまとめてみました。あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

「Stranger Things」(main title)

シーズンを通して使われているオープニング曲。本作のOSTを担当しているKyle Dixon & Michael Steinの作曲。抑えめの曲ながら静かな緊迫感を煽ります。

White Rabbit(Jefferson Airplane)

EP1でイレブンがベニーの店に来た追手から逃げるシーンで流れる曲はJefferson Airplaneの「White Rabbit」。

Africa(TOTO)

ナンシーが自分の部屋でスティーブとキスをするシーンで流れるのはTOTOの「Africa」。

Should I Stay or Should I Go(The Clash)

ジェイソンとウィルの思い出の曲として回想シーンと共に流れる曲は、ザ・クラッシュの「Should I Stay or Should I Go」(留まるべきか行くべきか)。

Raise a Little Hell(Trooper)

ナンシーがバーバラの車で着替えるシーンで流れている曲はTrooperの「Raise a Little Hell」。

I Melt With You(Modern English)

スティーブたちのパーティーでかかっている曲はModern Englishの「I Melt With You」。

Hazy Shade of Winter(The Bangles)

スティーブとナンシーがベッドインするシーンで流れているのはザ・バングルスの「Hazy Shade of Winter」。

Waiting for a Girl Like You(Foreigner)

EP2でバーバラが裏の世界で襲われ、ナンシーがスティーブと抱き合っているシーンで流れているのはフォリナーの「Waiting for a Girl Like You」。

Heroes(Peter Gabriel)

EP3の終盤、ウィルと思われる遺体が発見されたときに流れる曲はピーター・ガブリエルの「Heroes」。

Atmosphare(Joy Division)

EP4でそれぞれにウィルの死を悲しんでいるシーンで流れている曲はJoy Divisionの「Atmosphare」。

Elegia(New Order)

EP5でみんながウィルの葬儀へ赴く準備をしているシーンに流れている曲はNew Orderの「Elegia」。

Green Desert(Tangerine Dream)

ジムが自宅で盗聴器を探しまくるシーンで流れるのはタンジェリン・ドリームの「Green Desert」。

Nocturnal Me(Echo & The Bunnymen)

EP5のエンドロールで流れるのはEcho & The Bunnymenの「Nocturnal Me」。

「Sunglasses At Night」(Corey Hart)

EP6でスティーブが悪友たちと車を走らせているシーンで使われているのはカナダのポップ・ロック歌手 コリーハートのデビュー曲「サングラス・アット・ナイト」。1984年にリリースされたこの曲は、悪女を彼女に持ったがために、悪い部分を見なくて済むように夜でもサングラスをかけるようになった男の悲しみを歌った曲です。

Exit(Tangerine Dream)

スティーブとジェイソンが殴り合いのけんかをするシーンで流れるのはタンジェリン・ドリームの「Exit」。

When It’s Cold I’d Like To Die(MOBY)

EP8の終盤、戦いが終わったのちに流れる曲はMOBYの「When It’s Cold I’d Like To Die」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする