『ストレンジャー・シングス』シーズン4のOST(洋楽)まとめ

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Stranger Things)は2016年にNetflixで配信がスタートしたアメリカのドラマシリーズ。SF・サスペンス要素に子どもたちの青春ストーリーを絶妙にミックスした本作品は物語の舞台である1980年代のポップカルチャーも満載されおり、コアなファンを増やし続けています。

そんな人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4のOSTをまとめてみました。あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

もくじ

Stranger Things(main title)

シーズンを通して使われているオープニング曲。本作のOSTを担当しているKyle Dixon & Michael Steinの作曲。抑えめの曲ながら静かな緊迫感を煽ります。

California Dreamin’(The Beach Boys)

EP1の冒頭、エル(イレブン)がマイク・ウィーラーへの手紙を朗読するかたちで始まるシーンに使われているのは、ママス&パパスの名曲「California Dreamin’」をThe Beach Boysがカバーしたもの。

ママス&パパスの原曲はこちら。

冬の寒さで知られるニューヨークで、故郷の暖かいカリフォルニアに想いを馳せるこの名曲は”彼女にあんなことを言わなければ、今すぐにでも帰れるのに・・・”という後悔がにじむ哀愁の曲でもあります。

Object of My Desire(Starpoint)

スティーブ・ハリントンとロビン・バックリーが車で話をしている時にバックで流れている曲はスターポイントの1985年リリース曲「Object of My Desire」。

The Red Army Is the Strongest(The Red Army Choir)

ジョイス・バイヤーズのもとに郵便で謎の人形が届くシーンで流れるのは、ロシア連邦軍の公式音楽団”The Red Army Choir(赤軍合唱団)”による「The Red Army Is the Strongest」。

Running Up That Hill(Kate Bush)

マックス・メイフィールドがカウンセリングを受けに行った際にヘッドホンで聴いていた曲は、ケイト・ブッシュの1985年リリース曲「Running Up That Hill (A Deal with God)」。この曲は彼女のお気に入りらしく、裏側の世界でヴェクナに襲われた時にも身を守る武器となってくれます。

”もしできることなら神様にお願いしてあなたと私の身体を入れ替えてもらいたいの。そうすればあの道でもあの丘でも、あのビルにさえも駆け上れるのよ・・・”と歌うこの曲には、男女がお互いの身になって考えることができれば争いがなくなって幸せになれるだろうというメッセージが込められています。

Fever(The Cramps) 

エディ・マンソンが食堂で話をするシーンでバックに流れているのは、ガレージパンクバンドのザ・クランプスによる「Fever」。

Chica Mejicanita

ジョイスがマレー・バウマンと電話で話しているシーンでバックに流れる軽快な曲はAndrea Litkei, Ervin Litkei & Bear Cat Phillipsの「Chica Mejicanita」。

 Play With Me(Extreme)

マイクとダスティンがルーカスに代わってD&Dをプレイしてくれる人を探して回るシーンに流れている曲は、エクストリームの「Play With Me」。

Steve’s Rocking Star Spangled Banner(X-Ray Dog)

バスケの試合が始まる時、また同時にマイク、ダスティン、エリカがD&Dのゲーム会場に向かう時に流れるのは、X-RayDogの「Steve’s Rocking Star Spangled Banner」。

Detroit Rock City(Kiss)

バスケの試合とD&Dのゲームが同時に白熱しているシーンで流れるのはキッスの名曲「Detroit Rock City」。

Got Your Number(The Lloyd Langton Group) 

エディ・マンソンがクリッシーを伴って自宅へ着いたときに流れているのはロイド・ラングトン・グループの「Got Your Number」。

Surf Time(The Surf Riders)

EP2のはじめ、マイクおよびマレーがカリフォルニアの空港に到着したシーンで流れるのはザ・サーフ・ライダースの「Surf Time」。

You Spin Me Round(Dead Or Alive)

ローラースケート場でエル、マイク、ウィルが遊ぶシーンで流れるのはDead Or Aliveの「You Spin Me Round (Like a Record)」。

Rock Me Amadeus(Falco)

エルとマイクのデートシーンをアンジェラが目撃したシーンで流れるのはファルコの「Rock Me Amadeus」。

The Interior Castle(Diamonds and Emeralds)

ナンシー・ウィーラーが同僚のフレッドと車で事故現場へ向かう時に流れているのはDiamonds and Emeraldsの「The Interior Castle」。

Tarzan Boy(Baltimora)

ローラースケート場でアンジェラがエルを強引に連れ回すシーンで流れるのがBaltimoraの「Tarzan Boy」。

Wipe Out(Surfaris)

アンジェラたちがスケートリンク上でエルをいじめるシーンで流れるのはSurfarisの「Wipe Out」。

Burning Up(Donnell Pitman)

エルがアンジェラに「謝って」と詰め寄るシーンでバックに流れている曲はDonnell Pitman の「Burning Up」。

In Transit to Bermuda(Dorian Zero)

EP3の冒頭、エルとマイク、ウィル、ジョナサン、そしてアーガイルがスケート場から車で帰宅するシーンで流れているのはDorian Zeroの「In Transit to Bermuda」。

Rigoletto(Nadine Sierra and Dmitri Hvorostovsky) 

エル、マイク、ウィル、ジョナサン、アーガイルがウィーラー家でマレーの手料理を食べている場面で使われている曲はイタリアのオペラ『リゴレット』から「V’ho Ingannato. Colpevole Fui」。

Guardian Angel(Fergus Mac Roy)

エルがオーエンズ博士と食事をしているレストランで流れている曲はFergus Mac Royの 「Guardian Angel」。

Legless(Hipbone Slim)

軟禁状態のジョナサンたちがガードマンにピザを注文させ、サーファーボーイ・ピザのアーガイルが電話を受ける場面で流れるのはHipbone Slimの「Legless」。

Hard Feelings(Al Kerbey)

スティーブ、ダスティン、ルーカス、マックスが車で移動している時に流れている曲はAl Kerbeyの「Hard Feelings」。

Pass the Dutchie(Musical Youth)

アーガイルがピザを配達する時にかかっている曲はMusical Youthの「Pass the Dutchie」。

Dream a Little Dream of Me(Ella Fitzgerald&Louis Armstrong)

クリール家の夕食のシーンで流れている曲はエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングの「Dream a Little Dream of Me」。

Travelin’ Man(Ricky Nelson)

EP5でユーリが飛行機を操縦しているシーンで流れている曲はRicky Nelsonの「Travelin’ Man」。

Nina, o sia La pazza per amore(Cecilia Bartoli)

ブレンナー博士が裏の世界に入っているエルに語りかける場面で流れているのはオペラ歌手のチェチーリア・バルトリが歌う歌劇『ニーナ (Nina, o sia La pazza per amore)』の曲。

Violin Concerto, Op. 35: III. Finale. Allegro assai vivace

EP6でマイク、ウィル、ジョナサン、アーガイルがスージーの家に着いたときに流れている曲はJohn Wilsonが演奏する「Violin Concerto, Op. 35: III. Finale. Allegro assai vivace」。

The Snow Maiden: Chorus of the People and the Courtiers

ホッパーたちが豪華な食事を与えられるシーンで流れているのはチャイコフスキーの「The Snow Maiden: Chorus of the People and the Courtiers」。

Akhnaten and Nefertiti

EP7でヘンリー(001:ワン/ヴェクナ)がエルを仲間にしようとしたシーンに使われている曲はオペラ『Akhnaten』の「Akhnaten and Nefertiti」。

Up Around The Bend(Creedence Clearwater Revival) 

EP8でスティーブ、ダスティン、ルーカス、ナンシー、エディー、ロビン、マックス、エリカの一行がトレーラーハウスを強奪する場面で流れるのはクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルが歌う「Up Around The Bend」。

Fire and Rain(James Taylor) 

スティーブたちがウォーゾーンに車を走らせているシーンで流れているのはジェームズ・タイラーの「Fire and Rain」。

Rock and Roll, Hoochie Koo(Rick Derringer)

ウォーゾーンに到着したときに流れているのはRick Derringerの「Rock and Roll, Hoochie Koo」。

Separate Ways -Worlds Apart(Journey)

ヴェクナとの戦いの準備をするシーンでかかっているのはJourneyの「Separate Ways (Worlds Apart)」。

Kate Bush – Running Up That Hill(EPIC VERSION)

闘いのシーンで流れるのはKate Bush 「Running Up That Hill」のEPIC Version。

Master Of Puppets(Metallica)

デモバットの注意を惹くためにエディがギター演奏をするシーンで使われているのはヘヴィメタル・バンドとして世界的に有名なメタリカが1986年にリリースした名曲「Master Of Puppets」。”俺を味わえ。そしてお前の命が燃え尽きるのを見ろ。お前の主人に従うのだ”と歌う強烈な歌詞は、ドラッグ中毒をイメージしたものだとか。

Every Breath You Take(The Police)

マックスがホーキンス高校のスノーボールの記憶に入るシーンで流れているのはザ・ポリスの 「Every Breath You Take」。

When It’s Cold I’d Like to Die(Moby)

エディ、マックスが息を引き取るシーンで流れるのはモビーの「When It’s Cold I’d Like to Die」。

Spellbound(Siouxsie And The Banshees)

エンドロールで流れるのはSiouxsie And The Bansheesの「Spellbound」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする