【韓ドラ】この役者の演技幅がすごい!パク・ヘス、クォン・ユル、ピョン・ヨハン、ユ・ヨンソク、ユ・アイン、ディオ(D.O.)、オ・ジョンセ、ユ・ジェミョン

ドラマや映画を見ていると、「この人あの作品に出てた人?雰囲気が全然違う!」「全然気づかなかった!」というようなことがありませんか。役者という職業のすごさを感じさせる名演・怪演を見せてくれる俳優と作品を紹介します。

スポンサーリンク

パク・ヘス『六龍が飛ぶ』『刑務所のルールブック』『イカゲーム』

『イカゲーム』(2021)のサンウ役が記憶に新しいパク・ヘス。ギフン(イ・ジョンジェ)の幼馴染で、陰のある冷徹な頭脳派キャラクターを演じてインパクトを残しました。

パク・テスと言えば『刑務所のルールブック』(2017)で主役のジェヒョクを演じ、無表情で不器用ながら兄貴肌の役柄が好感を得ました。

そのパク・テスが時代劇で熱くてコミカルな演技を見せているのが大ヒット作品『六龍が飛ぶ』(2015)です。本作で演じた役はイ・ソンゲの弟分で武闘派のイ・ジラン。時に勇ましく、時に笑いを取る役どころは、その個性的な風貌も相まって印象深いキャラクターです。朝鮮風の衣装のせいもあり、『刑務所のルールブック』や『イカゲーム』のパク・ヘスだと気づかないほど。

『六龍が飛ぶ』はユ・アイン、キム・ミョンミン、ピョン・ヨハン、シン・セギョンをはじめ豪華キャストが勢ぞろいした大傑作時代劇。多くの時代劇ファンが好きな作品の上位に挙げている名作です。

クォン・ユル『ヘチ 王座への道』『もう一度ハッピーエンディング』『ボイス2』

『ヘチ 王座への道』(2019)でチョン・イル扮するイ・グム(のちの21代王・英祖)の弟分パク・ムンスを演じ、そのコミカルでエネルギッシュな演技で作品を盛り上げたクォン・ユル。

『もう一度ハッピーエンディング』(2016)で演じたモテモテの神経外科医が印象的なソフトなカリスマイケメン俳優です。

『ダリとカムジャタン』(2021)では大人のイケメン役で大注目。

そんなクォン・ユルですが、イ・ハナ扮するカン・ドンジュを主役にした大ヒットドラマシリーズの『ボイス2』(2018)では猟奇殺人犯パン・ジェスを怪演しています。

クォン・ユルは続編の『ボイス3』『ボイス4』にも引き続き登場。

ちなみにクォン・ユルのデビュー作は2007年にイ・ミンホと共演した『走れサバ』。初々しすぎて、よく見ないと気づかない・・・。

ピョン・ヨハン『六龍が飛ぶ』『ミスター・サンシャイン』『未生(ミセン)』

やさしい笑顔が魅力のイケメン俳優ピョン・ヨハン。彼の人気が急上昇したのは『未生(ミセン)』(2014)のソンニュル役。チャラくていい加減かと思わせて実は魅力的な先輩社員にホロっとさせられた人が続出しました。

『ミスター・サンシャイン』(2018)ではヒロイン(キム・テリ)の許婚キム・ヒソンに扮し、これまたチャラくて気障だけど実は男気たっぷりという役柄でインパクトを残しています。

そんなピョン・ヨハンがド派手なアクションと魅惑の歌声を披露してファンのハートを打ち抜いたのが『六龍が飛ぶ』(2015)のイ・バンジ役です。

劇中でイ・バンジが「無以異也(ムイイヤ)」や「青山別曲(チョンサンピョルゴク)」を歌うシーンは、歌声と物悲しいメロディーが心に染みます。

ユ・ヨンソク『浪漫ドクター キム・サブ』『賢い医師生活』『ミスター・サンシャイン』

甘いマスクと確かな演技力で人気のユ・ヨンソク。『浪漫ドクター キム・サブ』(2016)では恋にも仕事にも情熱的な若き外科医を好演し、注目を集めました。

大ヒットドラマ『賢い医師生活』(2020)と続編の『賢い医師生活2』(2021)では穏やかで誠実な医師を演じています。

そんなユ・ヨンソクが最恐の人切り浪人を演じて話題となったのが『ミスター・サンシャイン』(2018)です。彼が演じたク・ドンメはその風貌と鋭い眼光、そして激しいアクションから、ユ・ヨンソクだと気づかない人も多かったとか。

ユ・アイン『地獄が呼んでいる』『シカゴタイプライター』『トキメキ☆成均館スキャンダル』

ファッショナブルなイケメンからキワモノ役まで幅広くこなすユ・アイン。Netflix全世界ランキング1位を記録した『地獄が呼んでいる』(2021)では新興宗教団体の議長チョン・ジンスを怪演して注目を集めました。

『シカゴタイプライター』(2017)では世界的なベストセラー作家を奇抜なビジュアルで演じ、話題になりました。

そんなユ・アインが”コロ先輩”の愛称で一世を風靡したのが、ムン・ジェシン役で出演した『トキメキ☆成均館スキャンダル』(2010)です。振る舞いは粗暴なのに実は優しくて純真なキャラクターはファンの心を鷲摑み。主演のパク・ユチョンや共演のソン・ジュンギを凌ぐ人気ぶりでした。

ディオ(D.O.)『100日の朗君様』『スイングキッズ』『神と共に 第一章/第二章』

男性アイドルグループEXOのボーカルと演技派俳優の二つの顔を持つディオ(D.O.)。『100日の朗君様』(2018)で記憶喪失のツンデレ世子を演じて好評を博しました。

『神と共に 第一章:罪と罰』(2017)と『神と共に 第二章:因と縁』(2018)では、心身に問題を抱える情緒不安定な一等兵ドンヨンを演じ、その演技力の底深さはファンを驚嘆させています。

また、2018年公開の映画『スウィング・キッズ』では完璧なタップダンスを披露し、ポテンシャルの高さを世界にアピールしました。

オ・ジョンセ『スウィング・キッズ』『アンクル』『サイコだけど大丈夫』

コミカルからシリアスまで自由自在な演技派で知られるオ・ジョンセ。ディオ(D.O.)とともに出演した2018年公開の映画『スウィング・キッズ』では華麗なタップダンスを披露してファンを驚かせています。

大ヒットした映画『エクストリーム・ジョブ』(2020)では個性的な悪役テッド・チャンを怪演。オ・ジョンセだと気づかない人もいるほどでした。

オ・ジョンセの名演が光った2021年放送のドラマ『アンクル』は視聴率2%台から回を追うごとに評価が高まり、最終回には2桁台に届くほどに。

名バイプレイヤーとして人気のオ・ジョンセが自閉症の兄を演じて絶賛されたのが、キム・スヒョンと共演した『サイコだけど大丈夫』(2020)。

ユ・ジェミョン『ヴィンチェンツォ』『秘密の森』『梨泰院クラス』

2021年の大ヒットドラマ『ヴィンチェンツォ』で、温和な人権派弁護士を演じてインパクトを残したユ・ジェミョン。『刑務所のルールブック』(2017)でもジェヒョクの身を案じる誠実な弁護士を演じ、温かい雰囲気を醸し出しています。

ファンの内では『恋のスケッチ ~応答せよ1988~』(2015)のドンリョンの父親役や『花郎<ファラン>』(2016)のパオ役が好きという人も多いようです。

優しいおじさんというイメージがあるユ・ジェミョンですが、チョ・スンウ&ペ・ドゥナの大ヒットドラマ『秘密の森』(2017)では、鋭い洞察力を持ち、法曹界を掌握している次長検事を怪演。

そして最も悪目立ちしたキャラクターが、2020年に放送されて社会現象を起こした『梨泰院クラス』で演じたチャンガグループの会長、チャン・デヒです。悪役として鬼気迫る演技はユ・ジェミョンの存在を世界にアピールしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする