「推奴~チュノ~」はU-NEXT,ネトフリなど動画配信サービスで無料視聴できる?【韓国ドラマ/韓流】

2010年にKBS2で放送された『推奴~チュノ~』。初恋の女性を探すために奴婢を追う推奴【チュノ】師となった男の愛と追跡の物語。最高視聴率41.9%を記録した超ヒット作品です。

人気の韓国ドラマ『推奴~チュノ~』を、U-NEXTやネトフリなどの動画配信サービスで全話無料で見れるかどうか、あらすじ・見どころなどを含めてまとめました。

スポンサーリンク

チャンヒョク/オジホ/イダヘ共演『推奴~チュノ~』を無料で見ることができる動画配信サイト比較:U-NEXT・ネトフリ・アマプラなど

『推奴~チュノ~』の動画配信状況は次の通りです。

配信サービス 配信状況 無料期間/月額/P等

TSUTAYA TV
×配信なし 30日間無料
月額:2,659円(動画見放題+定額レンタル8プラン)
ポイント:1100P付与

U-NEXT

◎見放題

31日間無料(無料期間ポイント付与:600P)
月額:2,189円
ポイント:1200P付与

hulu
×配信なし 14日間無料
月額:1,026円
ポイント:なし

Netflix

×配信なし

無料期間なし
月額:990円
ポイント:なし

FOD

◎見放題

14日間無料
月額:976円
ポイント:最大1300P(100P付与+400×3回獲得)

dTV

×配信なし

31日間無料
月額:550円
ポイント:なし

Amazonプライムビデオ

◎見放題

30日間無料
月額:500円(または年会費4,900円)
ポイント:なし

※月額料金は全て税込金額。
※2021年10月時点。詳細は各公式サイトへ。

『推奴~チュノ~』(韓流)のあらすじ

韓国ドラマ『推奴~チュノ~』のあらすじは・・・

裕福な両班(ヤンバン)の息子テギルは屋敷で働いていた奴婢(ぬひ)のオンニョンと密かに恋仲となっていた。しかし奴婢との恋愛を許さないテギルの父はオンニョンをよそに売ることに。それを知ったオンニョンの兄クンノムがテギルの父を惨殺。屋敷に放火したクンノムはオンニョンを連れて逃亡する。
一夜にして没落両班となったテギル。オンニョンとクンノムを見つけるために家門を捨て、逃亡奴婢を捕まえる”推奴(チュノ)”となる。
依頼を受けて各地を回る生活を続けて8年。テギルは情け容赦なしの冷酷な推奴として知られるようになっていた。
一方、朝鮮一の武将と呼ばれていたテハは、仲間の裏切りで奴婢の身分まで落とされる。しかしかつての主君である昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の陰謀から守るため、逃亡奴婢となる決心をする。
逃亡の最中にテハはヘウォンという女性と出会い行動を共にすることになるが、ヘウォンは名前を変えて逃げていたオンニョンだった・・・。

愛する女性の兄によって人生を狂わされた男が、全てを投げ捨てて逃亡奴婢を追うバイオレンス時代劇。テギルとオンニョンにテハを加えた三角関係のゆくえから目が離せません。

『推奴~チュノ~』の見どころ

チャンヒョクのワイルドな魅力が満載

数多いチャン・ヒョク出演作の中でも最高の出来と評されるキレキレのアクションは必見です。

豪華な脇役陣の安定演技

テギルの元師匠にアン・ギルガン、テハの元部下にチョ・ジヌン、テギルの兄弟分にキム・ジソクとハン・ジョンスなど、ベテラン演技派俳優が脇を固め、ドラマを盛り立てています。

印象的なOST

OP曲

「烙印」(イム・ジェボム)

『推奴~チュノ~』(韓国ドラマ)の主演・出演キャスト&スタッフ情報

  役名 俳優名
出演 イ・テギル(推奴師) チャン・ヒョク
キム・ヘウォン/オンニョン(元奴婢) イ・ダヘ
ソン・テハ(元武将/逃亡奴婢) オ・ジホ
キム・ソンファン/クンノム(元奴婢/偽両班) チョ・ジェワン
チャッキ(テギルの元師匠/盗賊) アン・ギルガン
ワンソン(テギルの弟分) キム・ジソク
ソルファ(テギルを慕う) キム・ハウン
チョン・ジホ(テギルの元兄貴分) ソン・ドンイル
ファン・チョルン(テハを裏切った両班庶子) イ・ジョンヒョク
クァク・ハンソム(テハの元部下) チョ・ジヌン
オッポク コン・ヒョンジン
チョボク ミン・ジア
仁祖(インジョ/第16代王) キム・ガプス
昭顕世子(ソヒョン セジャ) カン・ソンミン
チェ将軍(推奴師) ハン・ジョンス
   
演出 クァク・ジョンファン
脚本 チョン・ソンイル

まとめ

以上、韓国ドラマ『推奴~チュノ~』の動画を無料で視聴できる配信サービスと、作品の内容についての紹介でした。

なお、配信情報は記事作成時点のものです。

配信が終了している場合もありますので、加入前に現在の配信状況について再確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする