『フォレスト』のサントラ・挿入歌の紹介(Take Me Now、Lost など)【韓ドラOST】

2020年にKBSで制作されたドラマ『フォレスト』の挿入歌(OST)を徹底紹介。パク・ヘジン、チョ・ボア、リュ・スンス、チョン・ヨンジュらが出演した本作は、偶然のきっかけで森の中での同居を始めた心に傷を持つ男女が繰り広げるヒーリング系ラブロマンスです。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『フォレスト』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. LUNA – Take Me Now
02. Llwyd – Dazed
03. Lee Seok Hoon – Seoul, Here
04. Yuji – Always
05. Na Yoon Kwon – Where Is The Love
06. Solji (EXID) – Walking On This Street

LUNA – Take Me Now

アイドルグループf(x)のLUNAによる「Take Me Now」。Lunaは『客主〜商売の神〜』『キルミー・ヒールミー』『プレーヤー~華麗なる天才詐欺師~』『優雅な友達』など数多くのOSTに参加しています。

Llwyd – Dazed

ミュージックバンド Llwydによる「Dazed」。Llwydは『浮気したら死ぬ』のOSTにも参加しています。

Lee Seok Hoon – Seoul, Here

 SG Wannabeのメンバー Lee Seok Hoon(イ・ソクフン)による「Seoul, Here」。

Yuji – Always

Yuji(ユジ)による「Always」。

Na Yoon Kwon – Where Is The Love

Na Yoon Kwon(ナ・ユングォン)による「Where Is The Love」。別れて遠ざかってしまった愛しい人への想いを綴った哀歌。Na Yoon Kwonは『1%の奇跡』『ここに来て抱きしめて』などのOSTにも参加しています。

Solji (EXID) – Walking On This Street

EXIDのSolji (ソルジ)による「Walking On This Street」。Soljiは『その男の記憶法』『18アゲイン』などのOSTにも参加しています。雨の中、傘もささずに暗い街を一人歩く傷心のメロディー。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『フォレスト』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする