「秘密の扉」はU-NEXT,ネトフリなど動画配信サービスで無料視聴できる?【韓国ドラマ/韓流】

2014年にSBSで放送された『秘密の扉』。第21代王・英祖とその息子・思悼世子の確執をベースにしたフィクション時代劇。朝鮮王朝最大の悲劇とも言われる”米櫃事件”へとつながるサスペンスストーリーです。

注目の韓国ドラマ『秘密の扉』を、U-NEXTやネトフリなどの動画配信サービスで全話無料で見れるかどうか、あらすじ・見どころなどを含めてまとめました。

スポンサーリンク

ハンソッキュ/イジェフン共演『秘密の扉』を無料で見ることができる動画配信サイト比較:U-NEXT・ネトフリ・アマプラなど

『秘密の扉』の動画配信状況は次の通りです。

配信サービス 配信状況 無料期間/月額/P等

TSUTAYA TV
×配信なし 30日間無料
月額:2,659円(動画見放題+定額レンタル8プラン)
ポイント:1100P付与

U-NEXT

◎見放題

31日間無料(無料期間ポイント付与:600P)
月額:2,189円
ポイント:1200P付与

hulu
◎見放題 14日間無料
月額:1,026円
ポイント:なし

Netflix

×配信なし

無料期間なし
月額:990円
ポイント:なし

FOD

◎見放題

14日間無料
月額:976円
ポイント:最大1300P(100P付与+400×3回獲得)

dTV

×配信なし

31日間無料
月額:550円
ポイント:なし

Amazonプライムビデオ

×配信なし

30日間無料
月額:500円(または年会費4,900円)
ポイント:なし

※月額料金は全て税込金額。
※2021年10月時点。詳細は各公式サイトへ。

『秘密の扉』(韓流)のあらすじ

韓国ドラマ『秘密の扉』のあらすじは・・・

18世紀半ばの朝鮮。第21代王の英祖は兄の景宗の死後、ひたすら老論派に従って王となる。常に暗殺や処刑の危機にさらされてきた彼にとって、生まれた時から地位と権力を約束されている世子イ・ソンの身勝手ぶりは見るに耐えない。
好奇心旺盛なソンは唯一の友・フンボクを連れてお忍びで街に出かけ、違法とされている貸本の購入を試みる。捕校に捕まりそうになったソンは貸本屋の娘ソ・ジダムによって助けられる。
ソンは王宮に戻ると、民のために貸本業と出版の許可を宣言し、老論派の猛反対を受ける。世間知らずで思慮浅いソンの行動に激怒する英祖。
事態を軽く見ているソンだったが、ほどなくして先代王・景宗の王陵の井戸からフンボクが自殺死体で発見されたことで、初めて事の重大さに慄く。
逆賊とみなされたフンボクの家族は奴婢にされる。ソンは親友の自殺を疑い、遺族の汚名を晴らすために再捜査を決心。フンボクの最期を目撃したのがジダムであることを知り、秘密捜査官に任命。協力して事件の真相究明に奔走。そしてソンは、父・英祖が秘密にしていた“連判状”なるものの存在に行き着くが…。

これまでにない解釈で英祖と思悼世子のぶつかり合いを描いたストーリーは謎解きサスペンスと淡いロマンスを交えた魅力的な作品となっています。

『秘密の扉』の見どころ

ハンソッキュとイジェフンのガチ演技対決

名優にして怪優のハン・ソッキュと若手演技派俳優のイ・ジェフンが、朝鮮史上もっとも謎の多い米櫃事件を再現。ガチの演技対決は迫力満点。

キムユジョン→ユンソヒの連携キャスト

前半の明るく元気なジダムを子役出身のキム・ユジョンが好演。そして後半の復習を胸に秘めた冷徹なジダムをユンソヒが演じています。

”内助の功”パクウンビンの好演

子役出身のパク・ウンビンが世子の正妻である恵慶(ヘギョン)宮ホン氏を演じ、その可憐で切ない役どころが注目を浴びました。

『秘密の扉』(韓国ドラマ)の主演・出演キャスト&スタッフ情報

  役名 俳優名
出演 英祖 ハン・ソッキュ
イ・ソン(思悼世子) イ・ジェフン
ソ・ジダム(貸本屋の娘) キム・ユジョン、ユン・ソヒ
ソ・ギュン(ジダムの父) クォン・ヘヒョ
シン・フンボク ソ・ジュニョン
ホ・ジョンウン チェ・ジェファン
チェ・ジェゴン チェ・ウォニョン
恵慶(ヘギョン)宮ホン氏 パク・ウンビン
ホン・ボンハン キム・ミョングク
キム・テク キム・チャンワン
キム・ソンイク ソン・ビョンホ
パク・ムンス イ・ウォンジョン
イ・ジョンソン チョン・グクファン
チャン内官 キム・ガンヒョン
ナ・チョルチョ キム・ミンジョン
   
演出 キム・ヒョンシク
脚本 ユン・ソンジュ

まとめ

以上、韓国ドラマ『秘密の扉』の動画を無料で視聴できる配信サービスと、作品の内容についての紹介でした。

なお、配信情報は記事作成時点のものです。

配信が終了している場合もありますので、加入前に現在の配信状況について再確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする