『プライバシー戦争』のサントラ・挿入歌の紹介(Things to Love、Private Lives など)【韓ドラOST】

2020年にJTBCで制作されたドラマ『プライバシー戦争』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ソヒョン(少女時代)、コ・ギョンピョ、キム・ヒョジン、キム・ヨンミンらが共演した本作は、プライバシーを悪用しようとする大企業と国家に立ち向かう詐欺師たちの活躍を描いたクライムサスペンス。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『プライバシー戦争』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. 6band – Things to Love
02. Yangpa – The Most Ordinary Day
03. Minju – Private Lives
04. Mew – Beautiful Dream
05. Kim Jae Joong – Things To Love

6band – Things to Love

ユク・ジュンワンバンド(6band)による「Things to Love」。

Yangpa – The Most Ordinary Day

Yangpaによる「The Most Ordinary Day」。愛する人と過ごす何の変哲もない一日につかの間の幸せを感じる心情を綴った曲。Yangpaは『紳士の品格』『一人だけ』『階伯-ケベク-』『その男の記憶法』などのOSTにも参加しています。

Minju – Private Lives

Minjuによる「Private Lives」。オープニング曲。

Mew – Beautiful Dream

Mewによる「Beautiful Dream」。

Kim Jae Joong – Things To Love

Kim Jae Joongによる「Things To Love」。Kim Jae Joongは『Mr.ハート』『トライアングル』などのOSTにも参加しています。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『プライバシー戦争』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする