【韓ドラOST】『愛の不時着』のサントラ・挿入歌の紹介(But it’s Destiny、Flowerなど)

2019年に韓国KBSで放送された人気ドラマ『愛の不時着』の挿入歌(OST)を徹底紹介。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『愛の不時着』オリジナルサウンドトラックの曲目

1. 偶然のような運命 / 10cm
2. Flower / ユン・ミレ
3. 夕焼け / DAVICHI
4. もう一度私は、ここに / ペク・イェリン
5. ある日に / キム・ジェファン
6. Sigriswil(愛の不時着 Title Full Ver. ) / キム・ギョンヒ(April 2nd)

1. 偶然のような運命 / 10cm

韓国ドラマのサントラに数々の楽曲を提供している10cm(シプセンチ)が歌う「But it’s Destiny」。

「運命のように近づいて、僕のそばにずっといて・・・」という愛情のこもった歌。

2. Flower / ユン・ミレ

「太陽の末裔」や「梨泰院クラス」などにも曲を提供している女性R&Bシンガー・ラッパー、ユン・ミレの「Flower」。「あなたは私の心に咲いた花。たとえ散るまでの短い間でも共にいたい」と歌っています。

3. 夕焼け / DAVICHI

サントラの世界ではおなじみの女性アイドルデュオ、ダビチが歌う「Sunset」。「必ず訪れる紫色の夕焼けのように、わたしはいつもこの場所にいるよ」と、愛のメッセージを伝えている曲です。

4. もう一度私は、ここに / ペク・イェリン

ソロのシンガーソングライター、ペク・イェリンが歌う「Here I Am Again」(もう一度私はここに)。「世界のどこにいても、あなたを見つける。また私は、あなたのそばに・・・」という強いきずなを歌った曲です。

5. ある日に / キム・ジェファン

「もう一度愛しい君のそばにいたい・・・」というあふれ出るようなさびしい気持ちを歌った曲。

6. Sigriswil(愛の不時着 Title Full Ver. ) / キム・キョンヒ(April 2nd)

透明感あふれる歌声が心に響く名曲。Sigriswil(シグリスヴィル)はスイスの地名。

まとめ

以上、『愛の不時着』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする