『わかっていても』のサントラ・挿入歌の紹介(We’re Already、Neverthelessなど)【韓ドラOST】

2021年にJTBCで放送されたドラマ『わかっていても』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ハン・ソヒとソン・ガンの共演で話題になった本作はムーディーな挿入歌も大ヒットしました。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『わかっていても』オリジナルサウンドトラックの曲目

01.KIMMUSEUM「We’re Already」
02.Night Off「Nevertheless」
03.PARKJIWOO「Whisper」
04.J.UNA「Butterfly」
05.RIO「Heavy Heart」
06.Sam Kim「Love Me Like That」
07.Jukjae「Fall In Love」
08.Say Sue Me「So Tender」
09.SLAY, Avin「Love, This」
10.RIO「Nevertheless」

KIMMUSEUM「We’re Already」

シンガーソングライターのKIMMUSEUMが歌う「We’re Already」(ぼくたちはすでに)。次第に深まっていく愛情と、その先に待つ結末への不安を静かに綴っています。

Night Off「Nevertheless」

良くない恋だと気づいていながら深みにはまっていく恋心を綴った「Nevertheless」。歌っているのは異なるバンドに属するeAeonとイヌンニョンが結成したNight Off。

PARKJIWOO「Whisper」

Park Ji Wooの「Whisper」。過去のトラウマから愛がわからなくなっている女性の揺れ動く心を歌っています。アンニュイな感じが独特。

J.UNA「Butterfly」

J.UNA(ジェイユナ)の「Butterfly」。蝶のような女性に恋をした男の”どうして僕の心を乱すの?そのまま僕を置いて飛び立ってしまうだろうに”という嘆きを歌った軽妙なラブソング。

RIO「Heavy Heart」

RIO(リオ)の「Heavy Heart」。静かで優しいメロディーに乗せて、愛するがゆえにだんだんと重くなっていく自分の切ない恋心を歌っています。

Sam Kim「Love Me Like That」

韓国系アメリカ人のシンガーソングライター、Sam Kimがつぶやくように歌う「Love Me Like That」(そうやってやさしく愛して)。傷ついている心を癒してくれるような優しい愛を求める女性の気持ちを表した歌。

Jukjae「Fall In Love」

歌手でギタリストのJukjae(チョクチェ)が歌う「Fall in Love」。”いつの間にか恋に落ちて、一日中相手のことで頭がいっぱいで・・・”という、トキメキに不慣れな女性のドキドキ感が伝わってくる一曲。

Say Sue Me「So Tender」

4人組インディ・バンド、Say Sue Me(セイ・スー・ミー)の持ち味の、どこか懐かしいサウンドに心安らぐ曲。

SLAY, Avin「Love, This」

SLAY, Avinの「Love, This」。美しい花に惹かれる蝶のように離れられない胸の内を語っています。

RIO「Nevertheless」

Night Offの「Nevertheless」をRIOが歌います。”煩わしい遊びで私の心を弄ばないで”という歌詞とアンニュイな歌声が心に響きます。

まとめ

以上、『わかっていても』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする