『月が浮かぶ川』のサントラ・挿入歌の紹介(誰かの何かになって、月の涙など)【韓ドラOST】

2021年にKBS2で放送されたドラマ『月が浮かぶ川』の挿入歌(OST)を徹底紹介。キム・ソヒョンとナ・イヌの共演で注目された大ヒット時代劇は、ロマンチックな挿入歌の数々でも話題になりました。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『月が浮かぶ川』オリジナルサウンドトラックの曲目

01.誰かの何かになって / Zia
02.月の涙 / カン・テグァン
03.風が吹いても / アン・イェウン
04.これが僕の道 / ナ・ユングォン
05.私に与えられ運命 / REALLY REALLY
06.目を閉じていれば / ボング(GB9)

誰かの何かになって / Zia

Zia(ジア)が歌うエンディング曲「I become love to you」。Ziaは『彼女はキレイだった』『仮面の王イ・ソン』などのOSTにも参加しています。

月の涙 / カン・テグァン

カン・テグァンが歌う「Tears Of The Moon」(月の涙)。物悲しい音調ながら清々しさもある、心に響く歌。

風が吹いても / アン・イェウン

天才シンガーソングライターの異名を持つAHN YE EUN(アン・イェウン)が歌う「Against The Wind」(風が吹いても)。マイナーポップの印象に残る曲。

これが僕の道 / ナ・ユングォン

力強い印象を残す曲「This is My Way」(これが僕の道)。歌っているナ・ユングォンは『ラブレイン』『サメ ~愛の黙示録~』などのOSTでも知られるベテラン歌手。

私に与えられた運命 / Lilli Lilli

女性二人のデュオ、Lilli Lilli(リリーリリー)が歌う「You are my destiny」(私に与えられた運命)。静かで優しいラブソング。

目を閉じていれば / ボング(GB9)

「When I Close My Eyes」(目を閉じていれば)。甘く優しいメロディーで奏でる爽やかなラブソング。歌っているのは男性デュオのギルグボング(GB9)のボング。

まとめ

以上、『月が浮かぶ川』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする