『遠くから見ると青い春』のサントラ・挿入歌の紹介(BOM BOM BOM、Talk to me など)【韓ドラOST】

2022年にKBS2で制作されたドラマ『遠くから見ると青い春』(At a Distance, Spring Is Green)の挿入歌(OST)を徹底紹介。パク・ジフン、イ・シニョン、ペ・イニョクが共演した本作は、それぞれに問題を抱える少年少女たちが出会い、友情と恋愛の狭間で傷つき悩みながら成長していく姿を描いたヒューマンストーリー。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『遠くから見ると青い春』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Punch – BOM BOM BOM
02. Park Ji Hoon – Talk to me
03. ROTHY & HAN SEUNG YUN – Hug
04. HUSKI – Then & Now
05. Chancellor – WAY

 Punch – BOM BOM BOM

Punchによる「BOM BOM BOM」(春・春・春)。Punchは『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』『太陽の末裔』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『ホテルデルーナ』『ホンチョンギ』『気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!』など多数のOSTに参加しています。

Park Ji Hoon – Talk to me

主演のPark Ji Hoon (パク・ジフン)による「Talk to me」。”何でも言ってよ。ぼくの目には君だけが映っているのだから・・・”と歌う熱烈なラブソング。

ROTHY & HAN SEUNG YUN – Hug

ROTHY(ロージー) と HAN SEUNG YUN(ハン・スンユン)による「Hug」。Rothyは『コンビニのセッピョル』『ロマンスは別冊付録』『キム秘書はいったい、なぜ?』『智異山』『気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!』などのOSTにも参加しています。

HUSKI – Then & Now

HUSKIによる「Then & Now」。”心の春を迎えて過去の後悔や痛みが霧のように消え去った・・・”と歌うさわやかな曲。HUSKIは『クローン人間(GENESIS)』のOSTにも参加しています。

Chancellor – WAY

Chancellor(チャンセラ)による「 WAY」。””耐え切れず崩れ落ちそうになった時、道の果てに君がいて支えてくれた・・・”と歌う曲。Chancellorは『キミと僕の警察学校』のOSTにも参加しています。

予告映像

『遠くから見ると青い春』の予告編です。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『遠くから見ると青い春』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする