『ハピネス』のサントラ・挿入歌の紹介(What Lies Ahead、Pain など)【韓ドラOST】

2020年にOCNで制作されたドラマ『ハピネス』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ハン・ヒョジュ×パク・ヒョンシク主演の本作は、原因不明の感染病によって封鎖されたマンションを舞台に繰り広げられる階層社会下の人間模様を描いたパニック・スリラーもの。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『ハピネス』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Joe Layne – What Lies Ahead
02. Isaac Hong – Pain
03. JEMMA – ENIGMA

Joe Layne – What Lies Ahead

ミュージシャン兼プロデューサーのJoe Layneによる「What Lies Ahead」(何があるかわからない)。”奇跡を信じて、希望を失わずに前へ進もう”と歌う曲。

Isaac Hong – Pain

Isaac Hong(アイザック・ホン)による「Pain」。Isaac Hongは『他人は地獄だ』『悪霊狩猟団:カウンターズ』『悪の心を読む者たち』などのOSTにも参加しています。

JEMMA – ENIGMA

JEMMA(ジェマ)による「ENIGMA」。JEMMAは『メランコリア』『L.U.C.A. : The Beginning』などのOSTにも参加しています。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『ハピネス』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする