『マイネーム:偽りと復讐』のサントラ・挿入歌の紹介(My Name、Mediocre Life)【韓ドラOST】

2021年にネットフリックスで配信された大ヒットドラマ『マイネーム:偽りと復讐』の挿入歌(OST)を徹底紹介。ハン・ソヒが体当たりで演じたアクションも、全編に漂う濃いノワール感も印象深い、心に突き刺さるバイオレンスな名作です。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『マイネーム:偽りと復讐』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Hwang Sang Jun – My Name (Feat. Swervy, Jeminn)
02. Hwang Sang Jun – Mediocre Life (Feat. Pre-holiday)

Hwang Sang Jun – My Name (Feat. Swervy, Jeminn)

ファン・サンジュン作曲の「My Name」。神童と言われている女性ラッパーSwervy(スウォルビ)と男性アイドルグループNCTのJeminn(ジェミン)がフィーチャリングしています。

「過去はぼやけているけれど、私の今ははっきりしている。あなたを追って実行するだけだから・・・」というシンプルな歌詞はドラマの根幹を端的に表しています。

重厚なビートと透明感のある歌声の掛け合いが哀愁と緊張感を高めている、心に染みる一曲です。

Hwang Sang Jun – Mediocre Life (Feat. Pre-holiday)

同じくファン・サンジュン作曲の「Mediocre Life」。Mediocreは”平凡”という意味。フィーチャリングはポップ歌手のPre-holiday。

「私は独りぼっちだった、何もなかった、普通に暮らしたかった・・・」と繰り返す歌詞はジウの心からあふれ出る悲哀感そのもの。シンプルながら心に刺さる曲です。

まとめ

以上、『マイネーム:偽りと復讐』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする