『紳士とお嬢さん』のサントラ・挿入歌の紹介(It is love、Love Always Run Away など)【韓ドラOST】

2021年にKBSで制作されたドラマ『紳士とお嬢さん』の挿入歌(OST)を徹底紹介。

チ・ヒョヌ&新人女優イ・セヒの共演で繰り広げられるハッピーなヒューマンドラマは、心に残る音楽とともに注目されました。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『紳士とお嬢さん』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. Song Youjin – It is love
02. Lim Young Woong – Love Always Run Away
03. Hong Dae Kwang – Bright memories
04. Jeong Dong Won – The Veiled Path
05. or& – Invitation to Me

Song Youjin – It is love

Song Youjin(ソン・ユジン)の「It is love」。”あなたは私が探していた唯一の人”と歌うラブソング。ソン・ユジンは『今、別れの途中です』『ポッサム-運命を盗む』などのOSTにも参加しています。

Lim Young Woong – Love Always Run Away

トロット(韓国の演歌)歌手として知られるLim Young Woong(イム・ヨンウン)の「Love Always Run Away」(愛はいつも逃げていく)。”愛は捕まえようとすればするほど遠くなっていく・・・”と歌う哀愁ソング。

Hong Dae Kwang – Bright memories

K-POP歌手 Hong Dae Kwang(ホン・テグァン)の「Bright memories」(眩しい思い出)。”思い出の中のきみが笑顔で、それが時々痛い”と歌う、やさしくてほろ苦い曲。ホン・テグァンは『彼女の私生活』などのOSTにも参加しています。

Jeong Dong Won – The Veiled Path

トロット歌手のJeong Dong Won(チョン・ドンウォン)による「The Veiled Path」(覆われた道)。”ぼくに与えられた道が見つかるように、君の力を貸して”と歌っています。

or& – Invitation to Me

ジャズボーカリストとしても知られるor&(오아랜:オアラン)の「Invitation to Me」。深みのある美しい歌声が心に響きます。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『紳士とお嬢さん』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする