『ゾンビ探偵』のサントラ・挿入歌の紹介(Be ok、 I don’t wanna heart you など)【韓ドラOST】

2020年にKBSが制作したドラマ『ゾンビ探偵』の挿入歌(OST)を徹底紹介。チェ・ジニョク、パク・ジュヒョン、クォン・ファウン、ファン・ボラなど総出演の本作は、なぜかゾンビとしてよみがえってしまった男が探偵として暮らしていく異色ストーリー。

あなたはどの曲が心に残っていますか?

スポンサーリンク

『ゾンビ探偵』オリジナルサウンドトラックの曲目

01. I’ll – Be ok
02. LUCY – I don’t wanna heart you
03. Byun Jin Sub-Going
04. Celine – Good Memory
05. Jung In – Thank you and sorry

I’ll – Be ok

バークリー音大の出身で多彩な音楽センスを持つI’ll(アイル)による「Be ok」。”二度と跪かない。私は私の人生を生きる・・・”という主人公の心情を表した曲。

LUCY – I don’t wanna heart you

4人組K-POPバンドのLUCY(ルーシー) による「 I don’t wanna heart you」。”こんなに近くにいるのに、あなたの心に近づくことができない”と歌う曲。LUCYは『花が咲けば、月を想い』『キミと僕の警察学校』『それでも僕らは走り続ける』などのOSTにも参加しています。

Byun Jin Sub – Going

Byun Jin Sub(ピョン・ジンソプ)による「Going」。後先考えずに全力で走っていけばいい。失うものはないさ”と歌うアクティブな曲。ピョン・ジンソプは『世界で一番可愛い私の娘』『女の秘密』『姉が生きている』などのOSTにも参加しています。

Celine – Good Memory

Celine(セリーヌ)による「Good Memory」。”私たちの出会い、すべての瞬間がよい思い出として残りますように・・・”と歌う曲。セリーヌは『私のIDはカンナム美人』『君の夜になってあげる』のOSTにも参加しています。

Jung In – Thank you and sorry

プロデュースもこなす実力派ボーカリストのJung In(ジョンイン)による「Thank you and sorry」。”心の隅々にまだあなたが隠れている”と歌う、別れた人を想う曲。

まとめ

以上、人気の韓ドラ『ゾンビ探偵』のサントラの紹介でした。

音楽がいいとドラマの楽しさが2倍にも3倍にもなります。この作品のOST、あなたの心にどれくらい残りましたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする